• 027-253-6008

  • ご予約・お問い合わせ

Topics

新着情報

カテゴリー:

銀歯を白くしたい!白くしたほうがいい理由と治療法について

  • ブログ

虫歯などの治療で銀歯がお口の中に入っているという方も多いのではないでしょうか?昔は一般的だった銀歯の治療も、近年の保険適用材料の改正や、お口の審美に力を入れる人の増加により「銀歯を白くしたい!」という方が増えてきています。
そこで、今回は銀歯を白くした方がいい理由と、銀歯を白くする治療法についてお話ししていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

銀歯はなぜ白くした方がいいのか

銀歯を白くした方がいい理由について、歯科医院目線でお話ししていきます。

 

金属アレルギーの心配がある

銀歯に含まれる金属は、唾液などの水分と触れることで金属イオンへと変化します。その金属イオンはお口の中だけでなく、血流にのって体を巡りさまざまなアレルギー反応を引き起こしていきます。アレルギー症状としては、舌がただれる、顔や手足に湿疹や蕁麻疹が出る、お口の中にピリピリした痛みを感じる、慢性的な頭痛が起こるなどさまざまです。

 

有害な金属が入っている可能性がある

昔の歯科治療では、銀歯の治療で「アマルガム」という材料が使われていました。アマルガムは水銀を多く含んでいるため、体や環境への影響が懸念され、現在歯科医院での取り扱いは無くなりました。ただ、昔、銀歯の歯科治療を受けた方はアマルガムが入っているケースも多く、ご自身では気づかないこともありますので、一度歯科医院で診てもらいましょう。

 

虫歯ができやすい(二次虫歯になりやすい)

銀歯などの詰め物や被せ物をすると、どうしても被せ物と歯の間に経年劣化によって隙間ができてしまいます。その隙間に虫歯菌が入り込み、銀歯の中で虫歯が広がってしまうというケースも少なくないです。銀歯があるため、一見何も問題が起こっていないように見えますが、銀歯を外すと中がボロボロで、抜歯になってしまったというケースも多くあります。そうならないためにも、虫歯になりにくい材料の被せ物をおすすめします。

 

見た目が良くない

銀歯の大きなデメリットとしてあげられるのがその見た目ではないでしょうか。銀色の被せ物なので白い天然歯と並んでしまうと目立ちやすく、笑うと銀歯がキラリと光ってしまいます。銀歯を白い歯に変えることでこのようなお悩みが解消され、笑顔に自信を持てるようになるでしょう。

 

歯茎(はぐき)が黒ずんでしまう

銀歯が長年お口に入っていると、銀歯に含まれている金属から金属イオンが発生し、歯茎に染み込んでいきます。そうすると歯茎が黒ずんでしまい、笑った時に目立ちやすくなってしまいます。歯茎の黒ずみは銀歯を除去することで改善されていきます。

 

銀歯を白くする治療法とは?

銀歯を白く変えるには「レジン」と「セラミック」「ジルコニア」を使用するのが一般的です。どちらにもメリットやデメリットがありますので、ご自身にあった材料を歯科医師と相談して決めましょう。

 

レジン

レジンは「樹脂」を使った歯科材料です。一般的に保険適用の治療で使われています。小さい虫歯の治療では、コンポジットレジンといった液体のレジンを削った穴に流し込み、光で固めます。他にも、前歯の被せ物としてレジンジャケット冠があります。
また、近年適用の範囲が広がった「CAD/CAM冠」も保険で使える白い被せ物です。これはレジンにセラミックを混ぜたハイブリッドレジンと呼ばれるもので、レジンよりも耐久性が高く、審美性があるため、現在多くの歯科医院で採用されています。

○レジンのメリット
・保険適用なので安価
・白いので銀歯よりも目立ちにくい
・コンポジットレジンの場合は1回で治療が終了する

○レジンのデメリット
・経年劣化する
・銀歯に比べると割れやすい
・使える範囲が限られている

 

セラミック

セラミックは陶材(ポーセレン)を使った歯科材料です。一般的に、自費診療の際に使われます。前歯や奥歯など、どこにでもつかえ、透明感があり天然歯と変わらない美しさがあります。審美性は歯科材料の中でもトップクラスで、綺麗な歯にしたいと考えているならセラミックがおすすめです。

○「セラミック」のメリット
・天然歯のような美しさがある
・汚れがつきにくい
・虫歯になりにくい
・経年劣化しにくい
・アレルギーの心配がない

○「セラミック」のデメリット
・費用が高い
・銀歯に比べると割れやすい

 

ジルコニア

人工ダイヤモンドにも使用される強度のある材料です。ジルコニアブロックを削り出して歯を作製してゆきます。さらにカラーリングの技術を用いて、患者さんの歯の色に合った自然な色合いを再現することが出来ます。
〇ジルコニアのメリット
・前歯でも臼歯(奥歯)、どちらにも適している
・天然歯に近い色合いが出せる
・歯を削る量が少なくて済む
・汚れがつきにくい → 虫歯になりにくい
・セラミックに比べると割れにくい

〇ジルコニアのデメリット
・費用が高い

 

まとめ

銀歯は金属アレルギーや見た目の問題、そして二次虫歯になりやすいことから歯科医院でもあまりおすすめできない材料です。最近では、保険適用で白い歯にすることもでき、さらに自費診療であれば天然歯と変わらない美しさで治療が可能になっています。銀歯を白い歯に変えたいけど、どんな材料にしたらいいかわからないという方は、お気軽にご相談ください。

 

 

 

ご予約・お問い合わせ Reservation / Contact

  • 027-253-6008

採用情報

ページトップへ戻る